上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.18 トンビ
昨日は天気も良かったし、千本浜でカズと二人で、海を見ながらランチ、いやいや波打ち際で座ってあんパンをたべていた。

トンビやカラス海鳥が気持ちよさそうに風に乗っていていいなあ・・・。

海も穏やかでおひさまの光がきらきらしてるなあ・・・。

と、ぼーっとしながらあさっての方を見ていたら、サッという音とともに一瞬の間に、食べていたパンがない!!!私の手にはパンの空袋だけが握られていた。

まだ半分しか食べていないのに!

怒ってカズの方を見るが、カズもあさっての方を見ていた。

上を見るとトンビ、まさかなぁ、持っているものをとるかなあ。

でも風が通ったようなサッという音は聞いたので、犯人はトンビだろうな。

持っているものを気がつかずにとられる私も相当な間抜けだが、トンビも大したものだ、自分より数倍大きい人間の手からほんの一瞬の隙を逃さずにゲットなんて。

きっと命がけで突っ込んだのだろうなと思うと、自分自身のおめでたさと動物の生きる必死さが見えたような気がした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。